MENU

肝臓に最適な食べ物

肝臓の健康維持のために取り入れたい食べものについて、いくつかご紹介していくことにしましょう。一般的に知られているのは、ウコン、牡蠣、大豆、ごま、にんにく、しじみなどがあります。

 

特にウコンや牡蠣、しじみあたりはドラッグストアなどでも良く見掛けますので認知度は高いといえるでしょう。牡蠣やしじみには、タウリンが多く含まれていることから、肝臓の健康維持に最適だと言われています。

 

タウリンは、肝臓の中で毒素を分解する際にサポートしてくれる成分で、肝臓に溜まった脂肪分も排出させてくれるのです。また、血液中に含まれているコレステロールの値を下げる働きもあります。

 

ただし、毎日牡蠣やしじみを口にするのは困難です。例え毎日口にすることができたとしても、味に飽きてしまい苦痛を伴うようになります。そのため、タウリンはサプリメントで摂取した方が無難でしょう。

 

それから、ビタミンAを多く含む緑黄色野菜、ウナギ、ビタミンEを含むごま、たらこ、モノヘイヤなども肝臓に最適だといわれています。

 

普段の食生活の中で取り入れることがベストではありますが、お酒を飲む前であったり、脂っこい料理を口にする前に、上記の食べ物を口にしておいたりサプリメントで栄養素を摂取しておくことをお勧めします。

 

肝臓への負担を軽減することができますし、活動を活発化させることも可能となりますので、肝臓を守っていくことができるはずです。肝臓は病気になってしまってからでは、治療が困難となります。そのため、食生活や生活習慣を見直すようにしましょう。