MENU

寝る前の肝臓ケア!二日酔いを避けるには

二日酔いを避けるためには、寝る前のケアがとても大切です。正しいケア方法を、3つご紹介していくことにしましょう。

 

1つ目は、サプリメントやドリンクを飲んでおくことです。肝臓の働きをサポートする栄養素が含まれているものを使用しましょう。ただし、商品によってはカフェインが含まれている可能性があるため注意が必要です。

 

2つ目は、吐き気を我慢しないことです。多くの場合、多少の吐き気を感じていても我慢して寝てしまうことがほとんどでしょう。しかし、寝ている間も消化や吸収、分解が続けられるわけですから、それなりの負担を掛けてしまうことになります。

 

そのため、吐き気があるのであれば、すべて出してしまった方が体は楽になるものです。体への負担が減ると、二日酔いにもなりづらいですので我慢しないようにしましょう。

 

3つ目は、水分を多めに取ることです。できればポカリスエットなどのスポーツドリンクが最適でしょう。ナトリウムイオンが含まれているため、取り入れた水分を保持しやすくなります。

 

また、肝臓がアルコールの分解でフル稼働していると、低血糖になることがあるものです。スポーツドリンクであれば、水分だけではなく糖質も一緒に摂取できますので、できるだけ常温のものを口にするようにしましょう。

 

寝る前に肝臓のケアをしておく場合と、全く何もしない場合とでは翌日の目覚めが全く違ってきます。薬を飲んで誤魔化そうとする人がいますが、アルコールの分解で多忙な肝臓が、薬の分解までできるわけがありません。使用前に、必ず説明書に目を通すようにしましょう。