MENU

二日酔いを防止する肝臓を労わった飲み方

二日酔いは、本当に辛いものです。ついつい飲み過ぎてしまい、翌日後悔したという経験がある人は、意外と多いのではないでしょうか。

 

このような乱暴な飲み方は、肝臓に負担を掛けてしまいます。とはいえ、肝臓を労わりながらお酒を飲む方法とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

1つは、ハイペースで飲まないことです。一気飲みは絶対に止めましょう。水やお茶で割ったものを、ゆっくりとしたペースで飲むことをお勧めします。急ピッチでお酒を飲むと、肝臓がフル稼働することになり、かなりの負担が掛ってしまうものです。

 

また、お酒だけではなく、水も一緒に飲むようにすると良いでしょう。そうすることで、アルコールからの刺激を緩和させることができます。

 

もう1つは、事前にサプリやドリンクを飲んでおくことです。肝臓の機能をサポートする、ウコンやオルニチンなどが含まれているサプリやドリンクは、コンビニ、ドラッグストアで販売されています。

 

二日酔いになってから飲んでもあまり意味はありませんので、できるだけ飲む前に飲んでおくようにしましょう。その他には、飲んでいるお酒と相性が良いつまみを食べることでも、肝臓への負担を減らすことができます。

 

例えば、アサリ、しじみ、ほたて、タコ、枝豆、豆腐、牡蠣、ニンニクなどは、肝臓の機能を活発化させたり、毒素の排出を促す作用などがあります。

 

これらの食品をおつまみにしてお酒を飲むことで、アルコールの分解がスムースになったり、アルコールを処理するときにかかる肝臓への負担を軽減できるでしょう。