MENU

肝臓の疲労回復方法とは

肝臓が疲労してしまった場合、どのように疲労を回復させていけばよいのでしょうか。肝臓はとても丈夫な臓器ではありますが、万能ではありませんので、酷使しているといずれは疲弊して壊れてしまいます。

 

手っ取り早く、確実に回復させていきたいならば、まずは食生活を改善するところから始めましょう。肝臓の細胞を修復してくれるたんぱく質、肝臓の機能を高めてくれるビタミンB群やビタミンCは、積極的に取り入れるようにします。

 

忙しくて食生活にあまり気を配ることができないならば、サプリメントを取り入れるようにしましょう。目安量をコンスタントに摂取するだけでも、肝臓の負担を緩和させることができるはずです。

 

それから、肝臓の機能を回復させようとしているときは、ジャンクフードや添加物やコンビニ弁当は控えるようにしましょう。飽和脂肪酸がたっぷりと含まれていることから、血液をドロドロにしてしまいます。

 

このドロドロになった血液を綺麗にしてくれるのは肝臓ですので、いつまで経っても肝臓の機能が回復しないことになってしまうでしょう。それから、ツボ押しも効果が期待できる疲労回復方法です。

 

有名なツボとしては、掌の真ん中からやや下にある健理三針区(けんりさんしんく)、手の中指と薬指が繋がっている骨の延長線上にある陽池(ようち)あたりが押しやすいツボでしょう。

 

他にも、運動をすることで、老廃物や毒素を排泄させやすくして、疲労回復効果を高める方法もあります。本来、健康的な生活を送っていれば、肝臓が疲れるようなことはないのですが、もしも疲弊しているときは肝臓の回復に努めるようにしたいものです。