MENU

肝臓サプリメントランキング!

最近疲れがとれないな、お酒を飲む機会が多いなという方、肝臓も疲れているのかも。肝臓が疲れるとその機能も低下し、代謝の低下、解毒作用の低下、消化機能の低下へとつながります。そうなると肉体疲労もとれない状態に。

 

肝臓の疲れをとるには、十分な睡眠と栄養、適度な運動が大切。特に、肝機能UPによい、アミノ酸(オルニチン、タウリンなど)、サポニン、スルフォラファンがおすすめ。当サイトでは、これらの有用成分を配合した、肝臓サプリメントをランキングにてご紹介しています。分かっているけどお酒はやめられない、という方にもぜひ。

 

 

レバリズム-Lの特徴

名まえの通り肝臓の調子を整えてくれるサプリメントです。アミノ酸たっぷりのしじみエキスを配合して、肝機能UPをサポートします。タウリンが豊富な牡蠣エキスやシスチンが解毒作用を助け、二日酔いのない身体へ。スクワレンは代謝UPで、ビタミンEは抗酸化作用で、全身の疲労を回復!1日3粒目安。飲みやすい、飲み会の翌日も楽、疲れにくくなったとの嬉しい声あり。先着500名限定、定期コース初回モニター価格は980円(税込)。

価格 980円
評価 評価5
備考 しじみエキス

 

 

白井田七の特徴

自然素材のちからで肝臓機能&疲労回復をはかるサプリメントです。有機栽培の貴重な田七人参を、そのままぎゅっと固めているので、余計なものが入っていません。有用成分サポニンや、たっぷりのアミノ酸が肝機能をUPして疲労回復をサポート。二日酔いに嬉しい亜鉛も含有しています。1日4粒目安。寝起きが良くなった、お酒に飲まれない、などの声が。毎月お届け便、初回特別価格は3,980円(税別)。

価格 3,980円
評価 評価4
備考 有機栽培田七人参

 

 

カゴメ スルフォラファンの特徴

スルフォラファンを配合した植物系サプリメントです。ブロッコリースプラウトに含まれ、肝臓の解毒作用をUPさせる成分、スルフォラファンをカプセルにしています。1日3粒で必要なスルフォラファンを摂ることができます。朝スッキリ起きられる、付き合い続きでも残らない、の声あり。初めての方限定、お試しモニター価格は2,143円(税別)。

価格 2,143円
評価 評価3
備考 スルフォラファン

 

肝臓は健康維持に大切な臓器

 

肝臓は、普段意識されることの少ない臓器です。しかし、健康を維持していく上で欠かすことのできない臓器だといわれています。具体的に、どのような役割を担っているのでしょうか。大きく分けると3つの役割があります。

 

1つ目は、代謝です。口にした食べ物から摂取されたたんぱく質、脂質、糖質は、貯蔵できる状態に変化させて、体の中に蓄えるようになっています。そして、いざというときにエネルギー源として使用されるのです。この一連の働きを、肝臓は行っています。

 

2つ目は、解毒です。アルコール、老廃物、毒素、医薬品などは、一旦肝臓に取り込まれた後、分解されて体に害を及ぼさないように解毒されます。そのため、普段から食生活が乱れていたり、大量のアルコールや医薬品を摂取している人は、肝臓の働きが弱くなって疲れやすくなるのです。

 

3つ目は、胆汁を生成したり分泌することです。胆汁は、脂肪の消化や吸収を促したり、肝臓で生成された老廃物を流す時に使われます。胆汁の分泌量が減少してしまうと、肝臓に負担が掛るだけではなく、肝臓に脂肪が蓄積されやすくなるのです。

 

以上が、肝臓の主な働きでした。何らかの炎症が起こっても、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていることもあり、症状が悪化するまでは痛みなどを感じることはありません。

 

そのため、日頃から肝臓を労わりながら、健康管理をしていきたいものです。万が一、肝臓が痛むようなことがあれば、かなり症状が深刻化しているサインとなるため、すぐに病院へ行くようにしましょう。

 

肝臓の働きが悪くなるとどんな症状が出るの?

 

肝臓は他の臓器とは違って、働きが多少悪くなっても自覚症状がほとんどありません。そのため、ちょっとしたサインを見逃してしまうと、症状が進行してしまう危険性があります。今回は、肝臓の働きが悪くなることで起こる症状について、いくつかご紹介していくことにしましょう。

 

1つ目は、顔、掌、足の裏、白目が黄色くなることです。まず顔色ですが、黄色みがかった色へ変色していきます。肝臓の機能が著しく低下していたり、炎症の度合いが重症化していくと、黒みがかることもあるようです。

 

掌や足の裏も同様で、全体的に黄色みがかるというよりは、シワの溝辺りが黄色みがかってきます。色が濃くなるほど、肝臓の働きが低下しているサインです。白眼が黄色く変色すると、かなり肝臓の機能が低下していることになるため、すぐに病院へ行くようにしましょう。

 

2つ目は、右肩や首筋が凝ることです。肝臓の機能が低下していくと、肩凝り、背中の痛み、首凝りなどを自覚するようになります。これは、筋肉や腱が収縮しにくくなることから起こるのです。症状が酷くなるほど、肝臓の機能が低下しているサインとなります。

 

3つ目は、不眠症になることです。肝臓は自律神経と連携している臓器ですので、肝臓の機能が低下すると不眠症を引き起こすことがあります。酷い場合は、昼夜関係なく眠気が襲ってきて、体調不良の原因となることもあるでしょう。

 

この他にも、肝臓の機能が低下することで発生する症状は多数存在します。異変を感じたら、放置しないようにしましょう。

 

肝機能の低下は数値を見る!

 

肝臓の機能低下は、検査によってある程度見分けることができます。今回は、肝臓に関わる数値について代表的なものをご紹介していくことにしましょう。

 

・ALT

 

肝細胞が破壊されると、血液の中にALTが漏れてしまいます。そのため、ALTの数値が高いということは、肝臓が何らかの傷害を受けている目安となるのです。基準値は、30IU/L以下となっています。

 

・AST

 

肝細胞の中で作られている酵素です。肝細胞だけではなく、他の臓器の中にも存在することから、ASTの数値だけで判断することはできません。

 

そのため、ALTの数値と一緒に確認する必要があるでしょう。肝臓に起因がある場合は、肝細胞が破壊されている可能性が高くなります。基準値は、30 IU/L以下です。

 

・γGTP

 

γGTPは、肝臓や腎臓で作られている酵素のことです。アルコールや医薬品を過剰摂取すると、大量に作られて血液中に漏れ出します。他にも、胆管細胞などに異常によってγGTPの数値が上がることもあるのです。基準値は、50 IU/L以下です。

 

・ALP

 

ALPは、肝臓や腎臓をはじめとした多くの臓器で作られている酵素のことです。肝機能の低下により胆汁の流れが悪くなると、血液中に漏れ出してしまうため数値が高くなります。基準値は、100〜325 IU/Lです。

 

・総ビリルビン

 

赤血球が使い古されて、破壊されるときに作られる色素です。最終的には、肝臓に運ばれた後に胆汁の中で処理されます。肝硬変が悪化したり肝不全の症状が進行すると、総ビリルビンの数値が高くなっていきます。基準値は、0.2〜1.2 mg/dLです。

 

肝機能の回復、肝臓を強くするには?

 

肝機能を回復されたり、強くするためにはどうしたらよいのでしょうか。今回は、食事、サプリ、睡眠、運動について取り上げていきます。

 

まず食事ですが、鉄分や脂質の摂取を控えつつ、肝臓の機能を修復する際に使用される栄養素を中心に取り入れていくと良いでしょう。

 

たとえば、ブロッコリーなどのアアブラナ科の野菜や、解毒を促すニンニク、リンゴ、グレープフルーツなどの炎症を抑制する食べ物は、肝臓の回復を早めてくれます。それから、アルコールの摂取は肝臓の回復を阻害しますので、控えるようにしましょう。

 

サプリメントを使用するのであれば、セサミン、オメガ3脂肪酸、オルニチン、ビタミンB、タウリンなどが含まれていると、肝臓の修復や回復に役立ちます。

 

次に睡眠ですが、肝臓をゆっくりと休ませてあげるには、十分な睡眠時間を確保することが重要だといわれています。そのため、寝不足が続いているようであれば、意図的に睡眠時間を取るようにしましょう。

 

また、肝臓の機能が低下していると、眠りが浅かったり不眠症になることがあります。
どうしても寝付けないときは、医師に相談するようにしましょう。

 

最後に運動ですが、激しい運動は必要ありません。減量が必要であれば、まずは健康的にダイエットするようにしましょう。

 

たんぱく質の摂取量を減らしてみたり、適度に歩くようにすると効果的です。今まで全く運動してこなかった人は、いきなり体を動かしてしまうと長続きしません。階段を使ったり、できるだけ歩くようにすることから始めましょう。

 

肝臓に効くサプリ成分

 

肝臓に効くといわれているサプリの成分は、いくつか存在します。代表的な成分を、以下でご紹介していくことにしましょう。

 

タウリン

 

肝臓についてしまったコレステロールや中性脂肪を取り除いてくれる働きなどがあります。食生活が偏っていたり、脂肪肝の可能性が高い人に最適でしょう。

 

オルニチン

 

特にしじみに多く含まれています。オルニチンを摂取することで、体の中に溜まっているアンモニアなどの有毒物質を尿素へと変換することができるのです。

 

本来は肝臓が有毒物質を分解していますが、オルニチンがサポートしてくれるため、肝臓へ掛る負担を軽減することができます。

 

セサミン

 

肝臓には抗酸化作用があります。しかし、肝臓が弱ってくると抗酸化作用が衰えてしまうのです。セサミンには強い抗酸化作用がありますので、摂取することで肝臓への負担を軽減することができます。

 

ウコン

 

ウコンには、胆汁の分泌を促す作用があります。胆汁が分泌されると消化や脂肪の分解が促されますので、二日酔いのときや肝臓の機能を向上させたいときに使用すると良いでしょう。

 

アラニン

 

ホタテに多く含まれている成分です。アラニンは、肝臓が持っている分解する働きを高める作用があります。代表的な成分は以上となります。食品から摂取することも可能ではありますが、毎日一定量を口にするということは非常に手間もコストもかかるでしょう。いくつかの成分が含まれたサプリを使用しながら、肝臓のケアをしていきたいものです。

更新履歴